天井デザイン

お部屋を良く見せるテクニック

天井デザインでは、照明は重要です。
特に最近では間接照明が店舗でこれまで使われてきましたが、昨今では自宅でも使われるようですね!

壁を照らすテクニック

間接照明によって壁を照らすことによって、陰は、光が衝突する部分、および当たっていない部分の中で明確にします。

部屋全体の結果は、このように実行することにより、全体の部屋で立体感を出すことができます。
さらに、壁の生地は直接照明より分かりやすくなります。
また、質感が生産されます。

空間を照らすテクニック

直射日光の代わりに部屋のスポットだけを照らす、あるいはフィルムなどで光源を包むことにより、部屋へ生まれます。

深さの感じは、部屋の部屋への参入から遠く離れている場所にできるだけ多くをセットすることによりもっと奥行き感が生まれます。

影を作るテクニック

故意に間接照明を使用して、影を作るのはテクニックです。
光源と影の距離が接近してもたらされれば、影は空虚になるでしょう。
また、それが反対に近づかなければ、影は明白に実行されるでしょう。
さらに、トレーシングペーパー、ビニールなどが光源に貼り付けられる場合、影は柔軟になります。

このようなテクニックを駆使する事で、お部屋に色んな演出が行えますよ!

天井を彩るインテリアの重要性照明による天井を照らすテクニック
copyright(C)Amazing Roof
ご利用のルール 管理者について